賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

デザイナーズマンションとは、設計者が入って設計をしているデザイン性重視の物件です。賃貸もあります。

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

設計者が入った個性的な賃貸住宅

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと
賃貸住宅といえば、似たような間取り、デザインが多いです。建物の外観も長方形、間取りもいくつかパターンはあるものの、似たようなデザインになっています。これには理由があります。一つは万人受けする住みやすい間取りにしているからです。さらには設計料にお金をかけていないことが挙げられます。デザイン性にこだわれば、どうしても設計者が必要になりますので、建設コストが嵩みます。賃貸物件は、収益性を重視しますので、あまり建設コストをかけられないという事情があります。

しかしあえてデザイン性を重視し、ありふれた賃貸物件とは差別化した物件があります。それがデザイナーズマンションと呼ばれている物件です。明確に定義はありませんが、設計料を払って設計者に入ってもらっている、という点は共通しています。賃貸でも個性的な住まいが良い、お洒落な外観が良い、とこだわりがある人は、そういう物件を選ぶと良いと思います。家賃は一般的な物件よりも2〜3割程度割高、という印象ですが、建設コストがかかっていますのでその点は仕方がありません。設計者の個性が出ますので、ひとくちにデザイナーズといってもいろいろです。中には個性的なデザインにこだわるあまり、住みにくい間取りになっている物件もありますので、住み心地をイメージしながら選ぶことをお勧めします。

Copyright (C)2018賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと.All rights reserved.