賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

私は高校を卒業後社会人になったことをきっかけに、賃貸マンションを借りて一人暮らしを始めました。

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

社会人になり賃貸マンションで一人暮らしを始めたこと

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと
私が現在働く会社では昔から住宅手当として毎月3万円のお金が支給されていたため、高校を卒業後社会人になることによって、1DKの賃貸マンションを借り一人暮らしを始めました。一人暮らしを始めるまでは実家から交通機関を利用し、片道1時間かけて会社に通勤していたため、私自身少しでも通勤時間を短縮したいと思い一人暮らしをする住まいとして、私が働く会社から徒歩5分ぐらいの場所で賃貸マンションを借りる決意をしました。

住宅手当が支給されることによって、私自身が一人暮らしをするにあたり実質負担しなければいけない家賃の金額が1万円なので、片道1時間の通勤時間や実母に渡していた生活費のことを考えると、一人暮らしをした方が効率良くお金を貯金することができると思うようになりました。会社の景気が悪くなることよって、住宅手当や職務手当などの特別な手当が年々廃止されている企業も存在するため、私自身現在でも住宅手当として毎月3万円のお金を支給してくれている会社に感謝し、定年まで同じ企業に勤め続けたいという思いを抱くようになりました。私が働く企業でも景気が悪化すれば住宅手当が廃止になる可能性があるため、今のうちから住宅手当に頼らない生活を心掛けていきたいと思います。

Copyright (C)2018賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと.All rights reserved.