賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

私が一人暮らしの為に、ワンルームの賃貸物件を探していた時に、不動産会社に言われた事を書きました。

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと

賃貸物件の見学時に不動産会社に言われた事

賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと
私は社会人として、就職する際にワンルームの賃貸物件に引越しました。その物件探しの際に、不動産会社に言われた事について書きたいと思います。まず、見学の時の事です。私は女性の一人暮らしでしたし、土地勘のない場所への引っ越しでしたので、私の母にも物件の見学についてきてもらいました。母親としての意見ももらいたいと思っていたからです。その様子を不動産会社がみて、親と一緒に見学に来ると言う事は大家さんが安心して契約出来る相手だと判断されるので、良い事だと言われました。万が一、家賃の滞納があった場合でも家族の助けを受けられるという印象を与えるからなのだそうです。

また、不動産会社としても保証人等の問題で、親の所在を確認する必要などがあるので、安心して契約出来る相手だという印象を受けると言われました。そのため、よりよい物件を紹介して契約を結びたいと思うので、おススメ物件に出会える可能性が広がると言われました。このような事があったので、賃貸契約は信頼や信用が大事なのだと感じる事出来ました。そのため、賃貸物件を探している場合は、探している時や見学時には家族などに同行してもらった方がよいのではないでしょうか。

Copyright (C)2018賃貸マンションで3年間の同棲生活を経て入籍したこと.All rights reserved.